| 

司法試験(2)

更に、論述式試験では3日間にわたって行われ、1日目の午前が民事系科目1問で、試験時間は2時間の100点満点、午後は民事系科目1問で試験時間は4時間の200点満点であり、2日目の午前は選択科目が全2問で試験時間は3時間、計100点満点、午後は刑事系科目で全2問、試験時間は4時間で計200点満点、そして3日目は公法系科目全2問で、試験時間は4時間、計200点満点となっています。

選択科目というのは、倒産法と租税法、経済法や知的財産法、労働法や環境法、国際関係法(公法系)、国際関係法(私法系)の8科目から1科目を選択する形をとります。最終的な合格判断は、短答式と論述式の両方の試験結果が決められます。

そして、一番気になる司法試験の合格率ですが、旧司法試験制度の頃はかなり難関な国家資格試験としても知られていたのように、合格率は実に3パーセント程度と非常に狭き門でした。

しかし、新司法試験制度が導入された2006年では、合格率は5割弱と大きく上がましたが、その後やや緩やかになり、現在では2割から3割程度の合格率で推移しています。合格しやすくなったということで、今後は受験者数も更に増加する傾向にあるので、司法試験の人気は更に高まるといえるでしょう。






学資共済や医療共済、定期共済にガン共済。共済には本当にいろいろな商品があります。もちろんそれぞれの共済商品は保障内容も全く違うものです。共済はこのように考えることが重要な注意点です。多岐にわたる共済の保障プランは比較をするとその差がよくわかります。-

次を読む≫