| 

司法書士試験(1)

司法書士試験は人気のある資格試験の一つで、10年前は出願者が2万人程度でしたが、ここ数年で資格取得を目指す人が増えて、最近では3万人以上がチャレンジしています。

受験資格は特に決まっていないので、年齢や学歴に関係なく誰でも受けることができますが、ここ最近の傾向としては20代後半から30代の受験者の合格者が増えています。更に学生よりは、社会人で受験する人が多く、司法試験を目指していたという人も割とたくさんいます。受験者の性別では、最近としては男性が7.5割前後、女性が2.5割前後の内訳になっており、男性の受験者がまだ多い傾向にあります。

試験は筆記試験と口述試験の2つ試験があり、筆記に合格した人のみが口述試験に進めます。司法書士試験は法務省主催で毎年1回、概ね筆記は7月初旬で口述は10月中旬に行われます。筆記試験は、午前と午後の部に分かれており、午前の部は試験時間は2時間、択一式で憲法、刑法、民法、商法から全35問が出題されます。

午後の部は試験時間は3時間、まず択一式では不動産登記法や商業登記法、民事関係で民事訴訟法と民事執行法、民事保全法、更に供託法と司法書士法から全35問、そして記述式では不動産登記法と商業登記法からそれぞれ一問ずつ出題されます。口述試験では、不動産登記法や商業登記法、司法書士法から15分間ぐらい口答で質問されます。

合格発表は、筆記が9月下旬で口述は11月下旬になります。受験料は6600円で、受験申請は5月初旬から中旬にかけて受け付けていますが、郵送でもよいし受験地を管轄する法務局に提出してもよいとされています。






医療保険選びをすることにしたら誰と相談をするのでしょうか。どんな人なのかはちゃんと考えましょう。専門家に頼んでみるのも価値があるかもしれません。-

次を読む≫