| 

公認会計士試験(1)

公認会計士試験は、毎年公認会計士監査審査委員会が開催している国家資格試験です。短答式と論文式の2つの試験があり、受験資格は特にないので年齢や学歴、経験などは関係なく誰でも受験できますが、短答式に合格した人だけもしくは短答式を免除された人だけが論文式に進めます。

また学歴や取得資格によっては短答式の全部や、論述式の一部の試験が免除される場合もあるのであらかじめ確認しておきましょう。

短答式試験は、簿記や財務諸評論などの財務会計論と、原価計算やその他企業等の内部の経営者の意思決定及び業績管理に役立つ情報を提供することを目的とする会計の理論である管理会計論、金融商品取引論及び株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律に基づく監査制度などの監査論、そして会社法、商法、会社取引法などの企業法の4科目が出題されます。

財務会計論は全40問で試験時間は120分、配点は200点満点で、他の科目は全20問で試験時間は60分、配点は100満点となっています。また、合格の基準は総得点の7割以上で、1科目でも40点未満の科目があれば合格できません。






これまでずっとかけ続けてきた生命保険や死亡保険をどうするか考えるに当たり失敗しないために重要にしないといけないのは告知義務違反をしないかをはずさないということです。人間ドックで指摘を受けていたりそんなことがつづいていての生命保険見直しをするには告知義務も検討対象です。-

次を読む≫