| 

弁理士試験(1)

弁理士の資格は、特許庁が主催する国家資格です。弁理士資格試験は、筆記試験と口述試験があり、筆記試験に合格した人だけが口述試験に進めます。更に筆記試験は、短答式と論文式があり、短答式に合格した人だけが論述式に進めます。


ただ、有資格者や専門職の学位を有する方、前年度試験合格者などは各試験が免除されることもあるので、まずは自分が該当しないが確認してみましょう。短答式は、工業所有権(特許、実用新案、意匠、商標)に関する法令や工業所有権に関する条約、著作権法、不正競争防止法などから出題され、5枝択一のマークシート方式で全60問あり、試験時間は3.5時間になります。

出題割合としては、特許・実用新案が2割、意匠、商標、条約、著作権法・不正競争防止法が各1割の出題となります。合格のボーダーラインとしては、得点が6割以上あり、かつ論文試験を行う上で可能な人数が設定されます。

次に論述式ですが、特許・実用新案と、意匠、商標関連など法令工業所有権に関する法令が必須科目になっています。

そしてあとは、基礎材料力学、流体力学、熱力学、制御工学などの理工T(工学)や、基礎物理学、計測工学、光学などの理工II(数学・物理)、更に化学一般、有機化学、無機化学などの理工III(化学)、生物学一般、生物化学、生命工学などの理工IV(生物)、情報理論、情報工学、通信工学などの理工V(情報)、そして民事訴訟法、著作権法、国際私法などの法律(弁理士の業務に関する法律)の6科目から1科目選択した科目を受験します。






生命保険等の保険をどのような立場の人に相談しますか。ちゃんとファイナンシャルプランニングを解決するためについてあらかじめ考えておけば思っているよりもずっと簡単かもしれません。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPと呼ばれる人も増えているようです。どのような立場からアドバイスをもらうかでどのような生命保険の組み合わせになるかが決まってしまいます。FPと生命保険の相談相手を見つけましょう。ファイナンシャルプランナー・FPを探してみましょう。-

次を読む≫