| 

弁理士試験(2)

試験時間は必須科目が特許・実用新案が2時間、他の2つが1.5時間で、選択科目が1.5時間となっています。出題割合は、必須科目の特許・実用新案が2割で、他が1割となっています。合格のボーダーラインは、必須科目は各教科54点以上の得点で47パーセント未満の科目がひとつもないこと、選択科目は6割以上の得点が必要となります。

口述試験は、論述式の必須科目と試験範囲は同じで、面接式で各科目とも10分程度面接式で行われ、採点基準はABCで決められており、合格基準はCが2つ以上ないこととなっています。

試験の流れとしては、2月上旬から3月下旬にインターネットでの願書請求が始まり、3月上旬から4月上旬から受験願書配布が始まり、4月上旬に出願受付あり、5月中旬から下旬短答式試験が実施され、6月上旬頃に短答式の合格発表があります。

更に、6月下旬から7月上旬に論述試験の必須科目が、7月下旬から8月上旬に選択科目の試験が行われ、9月下旬頃に合格は発表があります。そして口述試験は、10月中旬〜下旬に行われ、最終的な合格発表が11月上旬になります。

また毎年大体9000人前後が受験し、 合格者は750人あまりであり、合格率は8パーセントから9パーセントなので難関試験だと言えます。男女の比率としては、男性が8割で女性が2割と男性が多いのがわかります。






ガン保険は生命保険の中でもメジャーな商品です。ガンのための保険商品でガンで入院や通院そして手術した時に保険金が給付されることになっています。病院に払う経費がかさんだときにこれらの給付金で何とかなるかもしれません。ガン保険は必要でしょうか。-

次を読む≫