| 

不動産鑑定士試験(1)

不動産鑑定士は国家資格であり、資格試験は国土交通省が実施します。不動産鑑定士の資格試験は以前から実施されてきましたが、平成18年度から新制度に変わりました。

受験資格は他の不動産関連資格と同様に特に決められていないので、年齢や性別、学歴などの関係なく誰でもチャレンジできます。以前の試験だと、二次試験では大学の教養課程終了程度のスキルが必要となっていましたが、新制度になって門戸がひろがりました。

試験は年に1回で、短答式と論文の2つの試験がありますが、旧制度では、三次試験までありました。短答式は毎年5月の第3日曜日実施されています。論述式は、毎年8月の第1土曜日からの3日間で行われます。

短答式は午前と午後の2つの試験があり、午前中は不動産に関する行政法規で択一式で40問、午後は不動産の鑑定評価に関する理論で択一式の40問で、同じく2時間の試験時間となっています。合格発表は6月の下旬で、短答式の合格者のみが次の論文試験に進むことができます。

論文試験は、1日目は午前中が民法で午後が経済学、2日目は午前が会計学で午後が不動産の鑑定評価に関する理論(演習問題)、3日目は午前午後ともに不動産の鑑定評価に関する理論(演習問題)で、各2時間ずつの試験となります。

合格発表は10月の下旬となっています。尚、合格から2年以内の短答式合格者や該当科目の研究により博士の学位を授与された者は民法・経済学・会計学のうち該当する科目が、あとは司法試験合格者は民法が、公認会計士資格保有者は民法・経済学・会計学のうち受験科目のおいてなど短答式の受験が免除される場合もあります。






生命保険は保険通販から始めましょう。無駄のない医療保険やがん保険、学資保険を保険を設計し組み立てていくことは時間を取って考えないとできませんが、確り比較し検討して自分のリスクを考えることです。通信販売でもそれでいいのです。心配するほどではありません。保険の見直しは所得保障保険がよく提案されます。-

次を読む≫