| 

不動産鑑定士試験(2)

受験申し込み書は2月下旬から3月中旬までに配布され、申し込み期間は3月上旬から中旬にかけて設けられています。試験地は、短答式は北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県の10県で、論文は東京都、大阪府、福岡県の3箇所になります。

そして不動産鑑定士の合格率は、平成18年度では受験者数およそ4600人前後で合格者がたった96人ということで、割合にすると2パーセントから3パーセントとかなり難関であることがわかります。その後受験数は3000人から2000人と不況の影響もあってかがくっと減り、合格者も120人から100人と少し増え、5パーセントから6パーセントと少し伸びました。実は旧制度が施行されていた際は、合格率は15パーセントを誇ったころもあり、制度が新しくなってから難易度が増したと言えます。

年齢別に見てみると、20代から30代の受験者、合格者が最も多く、最高齢で50代で受験している人もいます。また性別で見ると、男性が7割、女性が3割と男性の受験者、合格者が圧倒的に多いことがわかります。

更に試験合格後、国土交通大臣の登録を受けた社団法人日本不動産鑑定境界などの実習期間において「実務修習」を受けることもできます。実務実習は1年から3年までの3つのコースがあり、講義や基本演習、実地演習を受講し、すべての必要単位を取得すると修了考査を受け、修了確認できると不動産鑑定士として登録できるというわけです。






思い込みで考えないようにして保険選びの検討を比べてみましょう。年収その他条件なのかによって保障の安全さは変わってしまいます。保険の問題は甘く考えないことが大切です。落ち着いて考えて検討して保険のことを決めましょう。それが大切なポイントです。「ほけんの窓口」は大規模保険ショップ。保険相談を受け付けてくれます。-

次を読む≫