| 

土地家屋調査士試験(1)

土地家屋調査士は国家資格であり、資格試験は法務書が主催しています。受験資格は特に決められていないので、年齢や学歴、性別などを問わず誰でも受験することができます。試験は筆記試験と口述試験の2つの試験からなり、筆記試験合格者のみが口述試験に進むことができます。筆記試験は、午前の部と午後の部に分かれています。

測量士や測量補士、一級建築士や二級建築士などの資格を有するか、もしくは同等の知識を有すると認められる場合は、午前の部の試験が免除となります。更に、前年度の筆記試験合格者は次年度の筆記試験が免除となります。

午前の部の試験もしくは筆記試験免除を申請するには、各資格取得証明書や合格通知などを出願する際に提出しなければなりません。午前の部は、択一式が10問で60点、記述式が1問で40点の配点になっており、試験内容は土地家屋に関する調査、測量の知識及び技能の中で、平面測量や作図についての事柄が出題されます。

午後の部は、択一式が20問で50点、記述式は2問で50点の配点になっており、試験内容は民法や登記の申請、審査請求手続に関する知識、その他土地家屋調査士法に掲げる業務を行うのに必要な知識が出題されます。






保険ショップでは生命保険をよく考えておけば案外うまくいきます。この生命保険コンサルの問題についてかんがえないといけません。どんな人に相談しますか。保険見直し本舗が目立つようになっています。ここでの生命保険の生命保険のFPやアドバイザーとして生命保険について相談に乗ってくれる人もいます。-

次を読む≫