| 

社会保険労務士試験(1)

社会保険労務士とは、労働関連法規、社会保障関連法規に基づいて各種書類作成や手続き、また労働環境などに関して企業に対する指導、相談を行うのを主な業務とします。
社会保険労務士資格は、社会保険労務士の国家試験に合格するか、科目すべて免除を受けるか、弁護士資格を満たすかとなり、その資格を満たした上で全国社会保険労務士会連合会へ登録すると社会保険労務士を名乗って仕事をすることが可能になります。

社会保険労務士の国家試験受験資格は、大学・高等専門学校・短期大学を卒業した、もしくは2年以上の専修学校で課程を修了した者、行政書士、司法書士、その他厚生労働大臣が認めた各種国家資格を有するもの、社会保険労務関連法人に3年以上勤務するか、個人業でも関連業務に3年以上勤務した実務経験を有する者であることです。

ちなみに、「厚生労働大臣が認めた資格」というのは非常に多く、自衛官採用試験やら情報処理技術者試験、旧栄養士試験や特級ボイラー技士試験といった関連があるのかわからないような国家試験まで対象に含まれているので、何かしらの国家資格を有する人はチェックしておくと良いでしょう。

社会保険労務士試験は年一回、8月末頃に行われます。試験科目は5科目、「労働法令」、「社会保障法令」、「その他法令」、「労働に関する一般常識」、「社会保険に関する一般常識」からなります。試験は完全マークシート方式で行われ、午前は選択穴埋め式の試験問題、午後が択一式の問題となります。






生命保険や医療保険を選ぶのは悩むことです。生命保険や医療保険をちゃんと考えると結構苦労します。生命保険や医療保険の商品見積りが生命保険ではとっても簡単になっています。保険内容の見積りも簡単になっています。さて損害保険商品の所得補償保険もいいかもしれません。重要です。-

次を読む≫