| 

一級建築士試験(1)

ある程度以上の大きさの建物を設計する際に、必要となる資格が建築士です。一級建築士はその中で、基礎設計に関わる最上位の資格となっており、マンションやビルを設計する上では必須の資格と言えます。

一級建築士資格は国家試験を合格することで得られます。一級建築士試験の受験資格は、「国土交通大臣が指定する建築に関する科目を履修した上で」大学、3年制短期大学、2年制短期大学、高等専門学校を卒業し、それぞれ2〜4年の実務経験を積んでいることが条件となります。

指定課程の履修に加えて、2〜4年の実務経験が必要なので、多くの場合、教育機関卒業後に資格なしから建築事務所に就職し、仕事をしながら二級、一級と取得していくルートを取るようです。二級は一級の条件ではありませんので、スキップしても良いのですが、二級を持っていればやれることが増えるのは確かなので、現状での実務を優先して二級→一級と取っていくことが多いようです。

一級建築士試験はインターネット上から申し込みをし、受験料19700円はクレジット決済かコンビニ決済にて支払います。仮にネット環境が無くても、受験料をゆうちょ銀行などで支払った上で、指定の受付場所にて受験申込をすることもできます。

一級建築士試験は年一回、学科試験と設計製図試験の2部にわたって行われます。学科試験の内容は「計画」「環境・設備」「法規」「構造」「施工」の5科目で、全125問からなります。回答方式は4枝択一。学科試験が6時間半、製図試験も6時間半(別の日)というかなりの長丁場の試験です。試験は7月と10月にそれぞれ学科試験・製図試験と行われ、大体2ヶ月後に結果が発表されます。






電話営業などで保険についての保険通販が目立つようになってきたようです。多くの乗り合い保険代理店がネット上での保険や医療入院保険で学びましょう。ネットの保険や共済で保険選びは常識です。それが大切です。-

次を読む≫