| 

一級建築士試験(2)

資格の取得には両方の試験に合格する必要がありますが、学科試験に合格した人のみが次の製図試験に進むことができます。ただ、学科試験に関しては前2年度分の学科試験合格が有効で、期間内なら学科試験を免除されます。この場合、学科試験から受ける場合と申し込み手続きが変わってきますので注意が必要です。

製図試験の問題に関しては、学科試験の少し前ほどに発表されますので、実質そこから試験期間であるとも言えるでしょう。

一級建築士試験は、前提条件として大学・短大・高等専門学校での指定科目履修、2〜4年の実務経験とかなり要求度が高い試験なのですが、それにもかかわらず合格率は7.5〜10%程度とかなり低い率にとどまっています。

これは、以前までの建築業界が元気な頃と違い、現状では少ない仕事をめぐって既存の一級建築士と激しい競争になってしまうため、一級建築士の数そのものをコントロールするべく合格基準を変動させていることに起因します。このため、「例年なら合格できたはずだが、その年の状況・方針によって不合格になる」ということはかなり起こりえます。確実に合格できる圏内まで実力を上げると共に、ある程度は年度ごとのばらつきがあると考えて、めげずに挑戦することが大事かもしれません。






じぶんが選択した保険の評判はどのようなものでしょうか。保険の内容を考えるにあたって一体どんな人と相談をすることになるのでしょうか。生命保険で満足するためには何を目的とした生命保険かを検討することです。かんぽ保険の評判を考えますか。悩ましいことです。-

次を読む≫