| 

行政書士試験(1)

行政書士とは、警察や役所などの行政機関への提出する書類の代行作成、提出の代行を行う仕事です。報酬を得てそうした書類を作成するには行政書士試験に合格して、資格を得る必要があります。行政書士以外では弁護士、弁理士、公認会計士、税理士資格でも同様に行政書士業務を行うことができます。

行政書士試験は士業の中では最も難易度が低く、その割には業務範囲が広いことから、人気が集中している資格試験の一つです。ただ、近年は学歴条項やらが廃止されているため、一層の過熱傾向が見られます。

行政書士資格は、年一回行われる国家資格試験に合格することで得られます。行政書士試験の受験資格は特にありません。開催は11月の第二日曜日に全国都道府県の行政書士試験研究センターにて行われます。受験申込はインターネットと郵送いずれかから可能であり、受験料は7000円となっています。

試験科目は「憲法」「民法」「行政法」「商法」「基礎法学」、「政治」「経済」「社会」「情報通信」「個人情報保護」などで、マークシートによる5者択一と記述式で解答します。合格基準は、全体で6割以上、法令は5割以上一般知識4割以上の得点が求められます。さらに、試験難易度によって各種補正がかかります。試験時間は午後1時から午後4時までの3時間。法令等46題と一般知識14題を通して試験します。






生命保険はとても難しいと言われます。どうして生命保険に入らないといけないのかを考えてみましょう。インターネット生保の人が増えています。さて病気も事故も世の中で生きているのであれば避けられないものです。入院も手術もあります。そして元気だったのに突然事故に巻き込まれて死亡することもあります。いったいどのくらいの保障を保つべきなのか。生命保険に入ろうとするのならそこのところを忘れないことです。ネクスティア生命はインターネット生命保険です。-

次を読む≫