| 

税理士試験(2)

税理士試験の特徴としては、この5科目を一つづつ受験・合格していくことが可能だということです。

初回で5科目選択して受けて、「簿記」「財務諸表論」「所得税法」の三つに関して合格した場合、次は「相続税法」「固定資産税法」のみを受験して、計5科目合格にすることも可能なのです。また、この科目合格は税理士試験挑戦中で一定の進捗を見ているということで、就職の際のアピールポイントなどにもなります。

いずれにしても繰り返し何度も受験して合格を増やしていくことが可能なのは税理士試験の大きな特徴と言えるでしょう。
実際、平成22年度の試験結果を見ると、受験者数51468人に対し、合格者999人、一部科目合格者7454人という数字になっており、一発で合格するのは非常に難しいということが見て取れます。

個々の科目ごとの合格率は大体10〜15%となっており、単純に5科目掛けあわせれば恐ろしく低い数字になります。そうした数字の上からも一科目〜三科目ぐらいずつ合格していくのが普通になっていると言えるでしょう。挑戦が数年に渡ることを想定して試験に挑むべきだと言えます。






相続対策で失敗しないようにするためには税について簡単なことではないと思うことです。財産分けと贈与の問題は正面から向かい合うことが重要な注意点です。贈与と贈与税をしっかり考えましょう。よくいわれる相続問題や保険は昔から資産承継で良く考えないといけない問題です。後悔のないように財産承継を終わらせるには事前に考えていれば無事に税務問題をクリアできるかもしれません。-

次を読む≫